【海外FX】数ヶ月で『2万円を1億円』にした『奇跡の軌跡』※ノンフィクション

【海外FX】数ヶ月で『2万円を1億円』にした『奇跡の軌跡』※ノンフィクション

初めましての方は、初めまして!トトです(・ω・`)

今回は、私が『2万円から1億円』にした軌跡をまとめてみたいと思います

完全実話のノンフィクションです!

『ツイッターアカウント』良かったらフォローしてね(・ω・`)♪

⭐️トトがお勧めの海外FX3業者!これだけ口座開設しとけばOK!⭐️

※🚨口座開設ボーナスは身分証明書をアップロードして受理後となります

トトがオススメ!GemForex !

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

もし宜しければ、

ワンクリックしてブログの応援して貰えると嬉しいです♪(・ω・`)

プロローグ

投資家デビュー

私は、ごく平凡な一般家庭に産まれ何不自由なく育ってきました。

お金は使わず倹約化で、幼少期からお年玉やお小遣いを

コツコツ貯めて高校生で貯金100万円くらいありました。

投資の世界に興味を持ったのがこの時期!高校生が投資家デビューです。

ちなみに未成年でも親権者の同意があれば証券会社の口座を開設できます。

親に頼み込んで貯金を下ろして全財産で株取引を行っていました。

資金が増えたり減ったりして凄く楽しかったのを覚えています。

しかし、忘れもしない2008年9月15日!

リーマンショック…ここが地獄への幕開けだった…

リーマンショック到来

順調に数十万円まで増やしてきた時に突然のリーマンショック!

信用口座を持ってない私には現物買いしか出来なかった

そろそろ反発するはずだと祈る毎日…

しかし無情にも株価は連日数百円、数千円単位で暴落していった。

リーマンショックの数ヶ月後には現物にも関わらず残高は60万円を切っていた。

幼少期から我慢に我慢を重ねてコツコツ貯めてきたお金が

一瞬で半値になってしまった。

反発という反発を一切しなく、連日株安の戦慄は計り知れなかった。

この損失を取り戻そうと、ついには『仕手株』に手を出してしまう…

これが更なる悪夢の始まりだった事は、この時にはつゆ知れず…

損失を取り戻そうと仕手株に手を出す

銀行系やトヨタ系など堅実派だった私も、

一瞬にして資産が半減したショックで遂に仕手株に手を出してしまう。

当時大注目だった

仕手株「東邦グローバル」(現クレアホールディングス株式会社)だった。

オリンピック関連でロシア・ソチ市の人工島建設を受注できると話題に。

数十円から一瞬で最高値500円以上になった仕手株だ。

流石のボラティリティで順調よく損失を取り戻していた時に…

日テレ(番組「NEWS ZERO」)が疑惑を呈する特集を報道

日テレ砲炸裂し、更に資金を減らす事となる。

更に追い討ちをかける衝撃的な展開がこの後に待っていた…

突然の経営破綻(倒産)『持っていた株が紙切れに』

リーマンショックショック後は、全ての株が安くなっていた。

そこで目をつけたのが配当利回りだった。

当然、配当利回りがどの株も凄いことになっていたのだが、

配当利回りランキング上位だった消費者金融業界トップ『武富士』

に資金の大部分を投資した。当時このCMが人気となっていた会社だ。

もう既にお察ししていると思うが、

武富士は2010年9月28日に東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請

連日のストップ安で、資産がものすごい勢いで減っていくのを

只々、見ているだけしか出来なかった。

一生懸命貯めた100万円は、既に10万円になってしまっていた。

親には大損したなんて、口が裂けても言えなかった。

『調子どう?』って聞かれても『損はしてないから大丈夫だよ!』

っと言う嘘をつかないといけないのが本当に辛かった。

この損失を取り戻すために、手をつけたのが当時大流行していた『FX』だった。

当時は、海外FX並みにハイレバレッジで国内FXも取引できたのだ。

当然のことながら10万円もすぐに無くなってしまった。

これがトトの最初の破綻である

【※重要なことなのでもう一度!これがトトの最初の破綻である】

この時期から国内FXのレバレッジ規制が本格化してきた。

そこで目をつけたのが『海外FX』だった。

当時は『ニコ生』で、FX芸人と呼ばれる方達が

ハイレバレッジで豪快に取引していたのが海外FXを知ったきっかけだった。

当時、人気だったのが海外FX『iFOREX』!

この業者は、レバレッジ400倍で

維持率の概念が無く、『正真正銘のゼロカット』まで

ポジションを保有できる珍しい仕様となっており、

この業者でハイレバ取引をしている人達を

別名『アイフォ戦士』とも呼ばれていた。

私もアイフォ戦士となり、後に2000万円をこの業者を使って勝つ事となる。

『海外FX』と『人生初のクレジットカード』

海外FXでは、クレジットカード入金が主流です。

当時持っていたクレジットカードが『楽天カード』!

現在でもどこのFX業者でも楽天カードなら入金できます。

楽天ポイントも付いてお得です。ただし、ご利用は計画的に!!

今や銀行系クレジットカードは海外FXでは使えなくなってきています。

ここで人生初となるクレジットカードを使用した。

信用枠は50万円!当然の如く、限度額MAXまですぐ達してしまう。

貯金も底をつき、一括返済も出来ない私がとった方法は、諸刃の刃『リボ払い』

終わらぬリボ地獄に陥る事となった。

2015年に一撃2000万円の利益

当時は実家暮らしだった為に、給料が入ってはリボ返済!

そして、残金のほぼ全てをFXに突っ込む

そんな生活が数年くらい続けていた時に突然の転機が訪れる。

これが当時の『豪ドル円』のチャートだ。

豪ドル円は100円を超えてからの暴落!

チャートを見て貰えばわかるが、この時代は1ヶ月で数円単位は軽く動く時代。

この暴落に『元祖トト式ピラミッド』で

『10万円が一撃2000万円』まで増えたのだった。

元祖トト式と言っても、当時はトレンドがハッキリしていたので

トレンドに乗れば、ほぼ負けない相場だった。

海外FX『iFOREX 』の

『維持率概念無しの完全ゼロカット制度』

のお陰で強気にポジションが増せたのも大きい。

『2000万円と高額出金』で不安はあったが

『iFOREX 』からの出金は問題なく出来て無事に着金した。

(※今週末ぐらいに証拠を掲載致します)

海外FXという不安から国内FXに資金を移す事にする。

この選択が後に生死に関わる重大な結末になるとは思ってもいなかった。

国内FX 低レバレッジの悪夢

既にレバレッジ規制が本格化されてきて最大レバレッジでも、25倍だった。

国内に資金を移した理由は、海外FXが信用できなかったのもあったが、

1番は資金を溶かしたくなかったから。

資本金が2000万円あり国内の低レバレッジなら絶対に勝てると思っていた。

低レバレッジは安心と言う言葉に騙されてしまっていたのだ。

低レバレッジは、『資産が減るのが遅い』ので安心なだけで着実に減っていく。

じわじわと毒がまわるように資金が減っていった。

その理由が低レバレッジと追証!

海外レバレッジに慣れてしまっていた為、常にフルレバ25倍!

そして、国内最大のデメリット追証!

朝には追証が発生し、追加で資金を入れるか、ポジションを減らさなければ

強制ロスカットになってしまう。

この負のスパイラルでじわじわと着実に資金が減っていくのだ。

そして、1度減った資金は

低レバレッジで取り戻すのは至難の技に等しい。

ちなみにその証拠はこれだ!!トレードアイランドが現実を物語っている!

レバレッジ25倍でもたった2〜3ヶ月でここまでドローダウン出来るのだ。

数千万円あったら国内FXに移してプラスまで塩漬けしてれば

負けない!って一度は思うかもしれないがこれが現実…。

バイナリーオプションに手を出す

ここまで一気にドローダウンすると、どうにかして取り戻そうと

更にハイリスクなBO(バイナリーオプション)に手を出してしまう。

クリック証券のバイナリーオプションだ。

バイナリーオプションの具体的な取引方法は、

数時間後(判定時刻)の為替レートが、

あるレートより「高いか」「低いか」を予測するという、

二者択一方式の取引方法。

当時のクリック証券の判定時刻は10分後!

つまり、2分の1を当てれば10分後には投資金額が約倍になってしまうのだ。

当然、当て続けれるはずもなく資金はガンガンと減っていき

気づくと資金は200万円を切っていた…

再起を求め海外FXに帰還し、無事破産

逆転するにはやはり海外FXしかないと悟った私は

残った200万円を元手に海外FXに帰還する。

ご想像通り数ヶ月後には2000万円あった資金は0円になっていた。

10万円⇒2000万円⇒破産

これがたったの1年間の出来事だ。

ここまで減ると、もはや後戻りはできない!

禁断の魔法のカードを量産する事となる。

海外FXをやられている方なら

数千万、数百万円勝った経験がある方も多いだろう。

そこで、なんで辞めないの?馬鹿なの?って思うかもしれないが

人間の欲望は果てしないのだ。

なぜか本当に、辞めれない…。

多重債務者に転落する

一度大勝ちすると、その経験が忘れられず止まらなくなる。

この経験を共感してくれる方は多いと思う。

ましてや、数ヶ月前まで2000万円あったに今や残高は0円。

もう、思考回路が麻痺している。

手当たり次第クレジットカードを量産した。

当然、すべてのカード枠を使い切って

途方に暮れていた時にある広告が目に止まった。

『最短即日融資可能』

そして、ついに消費者金融に手を出してしまう。

この甘い言葉がすごく魅力的に見えた。

今では、銀行系消費者金融では、即日融資がでできなくなってきているが、

その時代は本当に迅速!申し込んだ当日に融資許可が下りた。

融資は10万円と申し込んだのだが、

MAX150万円まで貸せます!っと返答がきたので

有り難く150万円を借りる事にした。

もはや、自転車操業の多重債務者である。

借金総額は300万円まで膨れ上がっていた。

トト 死を覚悟する

返済額の約半分が利子。

返済しては、すぐまた借入して、別の所に返す自転車操作。

当然、利子のみ返済している状態なので残高は減らない。

現金は減る一方なので、現金調達の為にやった秘策がこちら。

①クレジットカードキャッシング枠の現金化

②ポイントの現金化

少し前にメルカリの現金出品が問題化されていた。

この時になってようやく現金化する人の気持ちが痛いほどわかるようになった。

なりふり構っていられないのだ、本当に…。

そして、追い討ちをかける記事を見つけてしまう。

税金において『国内FX』と『海外FX』とでは損失の相殺が出来ない!

海外FXで2000万円稼ぎ、国内で全溶かししている私。

そして、借金地獄の現状。

もぅ、『自己破産』しかないと思い調べていた時に

さらに、死を覚悟する決定打になる記事が書いてあった。

『税金の自己破産は免除されない』

おわた…全てが終わった瞬間であった。

死の淵から見出した『トトニカルのベース』

『テクニカルを過信するな!自分を信じろ!』

相場は意思を持って動いています!

その根拠のヒントをnoteに書いてありますのでよかったら見て下さい!

つまり、

『テクニカル通りにやっても勝てない世界』

なのです!

※テクニカルを完全否定にはしていません。意味合いが違います。

伝説の2万円から1億円達成!の奇跡の軌跡

全てはここから始まった…

2016年8月24日に2万よりスタート。

基本的な手法は、今のトト式の基礎となる

勿論、ハイレバレッジの400倍から888倍!

🚨『続き』億トレーダーまでの奇跡の軌跡!第二章!🚨

(備考)海外での資金増加の過程はこんな感じです

(備考)その後、国内にて1億円達成!(※当時、トレアイ晒してました!嘘偽り無し!)

未分類カテゴリの最新記事